大阪の資産価値が下がらないマンションの選び方

大阪の資産価値が下がらないマンションの選び方

2021年03月30日
大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

◆サイト名:Utko探し隊
◆検索大歓迎!!『大阪の不動産売却はUtko探し隊』で1番上に出ます
◇大阪、不動産売却、住み替え、価値、マンション
----------------------------------------------------------------------------

不動産売却の際に、一緒に住み替えを検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
このページでは、そんな住み替え時の候補としてマンション購入を検討される方に向けて資産が下がりにくいとされるマンションの条件、選び方をお届けします。


◆大阪でマンション探しをする前の種類のおさらい

そもそも、マンション購入を検討中でこちらの記事を見てくださっている方は、おそらく本気で後悔や損を避け、失敗しないマンション購入を真剣に考えている方だと思います。
そこで、急がば回れということで改めてマンションの基本についてをおさらいしたいと思います。


◇◇実はいっぱい?マンションの種類について

知っているようで実は皆さん「マンション」について知らないことが多いのではないでしょうか。マンションにもちゃんと種類があります。皆さんはいくつの種類を言えますか?
早速、マンションの種類を見ていきましょう。


=大きさで分類=

【大規模マンション】
広大な敷地に何棟も建ち並び、全体で100戸以上の部屋数を有するマンションを指します。日当りも良く個々人のプライバシーももちろん確保されており、広い敷地内には公園や広場、ゲストルームやキッズルームといった共有施設も充実しています。世帯数が多いので、共有施設の維持費管理費が比較的安い傾向があり、商業施設が一緒に開発されるなど、生活の利便性が高いです。


【小規模マンション】
全体戸数50戸以下の入居世帯数が少ないマンションを指します。
小規模のため管理組合などの運営も大規模マンションより楽で、居住者同士の連帯も比較的取りやすいです。


【タワーマンション】
20階建て以上の高さのマンションを指します。価格が1億を超える超高級なマンションも存在します。通常のマンションと違い、マンション内に共有施設としてジムやプール、ラウンジ、バーなど豪華なスペースが設けられています。また、商業施設が併設され生活の利便性が良く、ブランドイメージも高く住んでいるだけでステイタスを味わえます。


【低層マンション】
一般的に目にすることが多い5〜6階建ての高さの低いマンションを指します。生活環境のよい閑静な住宅街や建物の高さに制限のある低層住居専用地域に建てられることが多いです。また、地方によっては総称して「アパート」とくくられる場合がありますが、アパートとの違いを分ける明確なルールはありません。取り扱っている会社によって建物の呼び方が違うだけのようです。

===

最後の「アパートとの違いを分ける明確なルールはない」には驚かれた方も多いのではないでしょうか。正直、私は初めて知ったときはびっくりしました。


◇◇最後の「アパートとの違いを分ける明確なルールはない」には驚かれた方も多いのではないでしょうか。正直、私は初めて知ったときはびっくりしました。

上で書いた種類だけでも混乱しそうですが、更にそこからマンションの呼び方の種類が分かれます。といっても、法律的にそう呼びなさいと決められたものではなく、不動産会社がマンションを紹介する際に独自(その会社)の規定に該当したマンションを表現するためのキャッチフレーズ的な総称になります。ですので、意味を理解していることによって目当てのものが見つけやすくなるという程度です。それでは、肩に力を入れずに見ていきましょう。






▼続きが気になった方はこちらの記事ページをご確認ください。
記事:https://realestate-r2.info/selling/selling-mansion/2497/

----------------------------------------------------------------------------

サイト:Utko探し隊
URL:https://realestate-r2.info/

投稿者

大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

大阪の不動産売却に関する情報を発信している「Utko探し隊」です。マンション売却・一戸建て売却・土地売却などの不動産一括査定や、お住み替えに関するノウハウ記事をお届けしています。大阪で不動産売却についてお困りでしたらUtko探し隊のサイトをぜひご確認ください。

管理画面ログイン