訪日ビジネスを考える~訪日外国人のマナー問題、何故問題になるのか~

訪日ビジネスを考える~訪日外国人のマナー問題、何故問題になるのか~

2020年02月06日
シトラスジャパン株式会社

2018年、訪日外国人が年間3,000万人を突破し、主要観光地においては外国人の方が日本人より多いというのも普通になってきている気がする昨今、先般のラグビーワールドカップの際の報道でもあった、訪日外国人のマナーの悪さが一方の課題となっています。
ゴミのポイ捨て、泥酔トラブル、路上喫煙、進入禁止箇所への無断侵入とそれに伴う器物破損などです。

正直、上流階級の方が出入りするところ以外のヨーロッパ諸国の日常生活風景を知っている方からすれば、「意外ではないけど?」という話ではないでしょうか。駅を出た直後にたばこを吸ってその場にポイ捨てし、ハンドトスの食べ物が食べ終わったら道ばたに紙袋を投げ捨てる。こんなことは、別にレアな光景ではありません。つまり、マナーが悪いなと我々が思っていることは、彼らからすれば、別にマナー違反をしているつもりは毛頭無い(かもしれない)わけです。

これに対して、多くの論調は「現地語でちゃんと看板や注意書きを設置し、事前に伝える努力をしていないからだ。」と言いますが、これは決定的な解決策にはなりません。インバウンド対策が進んでいると言われている京都などでマナー違反が問題になっている現状をみれば明らかでしょう。

「言ったはずです、見たはずです。」といくら言っても、発生した損失はどうにもなりません。
訪日外客向けにビジネスをする際には、日本人を相手にする感覚のままで、形だけインバウンド対策をしても、痛い目を見ることの方が多いです。有識者や経験者に話を聞き、調査をし、リスクを見極めて許容できるリスクの範囲を鑑みて対応を検討する、といったプロセスを踏んで、訪日外客向けのビジネスを考えるべきですが、そこまでしなくともある程度リスクを回避する方法はあります。



▼詳しくはこちら▼

https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_202002.html

投稿者

シトラスジャパン株式会社

シトラスジャパン株式会社

日本語、多言語での印刷媒体やWebサイトの企画制作、外国語コピーライティング、モバイルマーケティングを事業として展開しています。特に海外向けのWebサイト制作や翻訳に強みをもち、実績も数多くございます。お気軽にお問い合わせください。

管理画面ログイン