訪日ビジネスを考える~Webサーバを考える~

訪日ビジネスを考える~Webサーバを考える~

2020年01月14日
シトラスジャパン株式会社

以前、その英語版Webサイト本当にグローバルなの?でも触れましたとおり、いくら英文でサイトを開設したとしても、サーバの設置場所から閲覧者までの距離が遠いと、読込が遅くて、結局見てもらえないといったことが起こります。

これを避けるために考えられるのは、「超高速回線を用意!」か「サーバを各国に置く!」でしょうか。

前者の超高速回線は解決策にはなりません。
超高速なのは、あくまでもそのサーバ会社の管理している範囲内の話ですので、遠い外国まで行く頃には、いくらでも途中で細い回線に当たることになるかもしれません。
後者のサーバを各国に置くというのは、昔からグローバルカンパニーが行っていた方法で、今でも主要な解決策の一つとして採られている方法です。これならば、ある程度世界中にいる閲覧者からサーバの距離を縮めて、読込スピードを早くできます。ただ、この方法は、コストと手間が大きくなります。例えば、西欧をカバーするため、1台のサーバをフランスに設置したとしましょう。そして、アメリカにも北米カバー用に1台のサーバを用意するとします。そうなると...



▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w001_202001.html

投稿者

シトラスジャパン株式会社

シトラスジャパン株式会社

日本語、多言語での印刷媒体やWebサイトの企画制作、外国語コピーライティング、モバイルマーケティングを事業として展開しています。特に海外向けのWebサイト制作や翻訳に強みをもち、実績も数多くございます。お気軽にお問い合わせください。

管理画面ログイン