台風の呼称について、国内/海外向けで使い分ける影響~Typhoon No.19, Hagibis~

台風の呼称について、国内/海外向けで使い分ける影響~Typhoon No.19, Hagibis~

2019年12月16日
シトラスジャパン株式会社

今年の秋は、日本各地が台風や大雨の甚大な災害に見舞われました。
とくに、台風19号による被害は、日本内外のメディアが大きく報道していました。
それらを見ながら、ふと気になったことについて書いてみたいと思います。
それは、そもそもの台風の呼称の使われ方についてです。


気象庁では毎年、台風の発生順に番号をつけていて、この台風は今年19番目に発生した台風でした。また、台風には国際的な名称があります。北西太平洋または南シナ海で発生する台風には、周辺各国の政府間組織である台風委員会(日本含む14カ国等が加盟)という機関が、140の固有の名前(加盟国などが提案した名前)を付けることになっています。今回はフィリピンが用意した「すばやい」という意味のTyphoon Hagibis(ハギビス)が当てられました。


この台風の一連の報道の中で、国内のテレビやラジオ、新聞では19号という数字であふれ、ハギビスという呼称はほぼ使われませんでした。


一方、主な国内メディアが英語で発信した記事で使われた呼称を調べてみると…


▼詳しくはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l011_201912.html

投稿者

シトラスジャパン株式会社

シトラスジャパン株式会社

日本語、多言語での印刷媒体やWebサイトの企画制作、外国語コピーライティング、モバイルマーケティングを事業として展開しています。特に海外向けのWebサイト制作や翻訳に強みをもち、実績も数多くございます。お気軽にお問い合わせください。

管理画面ログイン