「家なんて買うんじゃなかった・・・」後悔理由10選!そして2つの対策方法

「家なんて買うんじゃなかった・・・」後悔理由10選!そして2つの対策方法

2021年03月30日
大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

◆サイト名:Utko探し隊
◆検索大歓迎!!『大阪の不動産売却はUtko探し隊』で1番上に出ます
◇大阪、不動産売却、住み替え、家購入、後悔理由
----------------------------------------------------------------------------

憧れのマイホームを手に入れたものの「家なんて買うんじゃなかった」と後悔している人は少なくありません。
「あの時ここに注意していれば・・・・」「もっと調べて買えばよかった・・・」と、後悔している対象の元で過ごすのはストレスになります。
この記事では、これからマイホームを購入予定の方が既に家を買った人はどこに後悔を感じているのかをご紹介し、失敗しないための学びにしていただければと思っています。
また、購入後に後悔してしまっている人には持ち家を賃貸に出すことや、売却することで後悔というストレスを解消する方法をお届けします。


◆「家なんて買うんじゃなかった・・・」後悔理由10選を紹介

家の購入に後悔しているリアルな失敗談を見ることができるサイト「Yahoo!不動産知恵袋」を調査しました。その結果、家の購入を後悔している人には大きく分けて、10通りの理由が見受けられたのでまとめていきます。
どのような理由から「家なんて買うんじゃなかった」と感じているのか、見てみましょう。


◇◇後悔その① 住宅ローンの返済がしんどい

毎月やってくる住宅ローンの返済に頭を悩ませている人は少なくありません。
基本的に、住宅ローンの負担率は年収の20%前後が理想的と言われています。ですが、いざ家を購入する段階になると、大きい数字の見過ぎで感覚がマヒしてしまうのか(もしくは背伸びをしてしまい)現実的ではない数字、20%を上まわる設定にしてしまうケースがあるようです。
住宅ローンの支払いがしんどい原因は、それだけではありません。

育児や介護で働けなくなった
夫婦合算の収入でローンを組んだ
教育費用が想定外に高くつく
リフォーム費用、維持費が高い
住宅ローンは、最長35年ですので何が起こりうるのか想定できないのが実情です。
賃貸であれば安い物件に引っ越すことができますが、家を購入した場合は苦しい思いをしながら返済を続けるという流れになり「家なんて買うんじゃなかった」と後悔してしまうようです。

※昨今の住宅ローンにはフラット50などの最長50年の住宅ローンも出てきています。
 基本的に住宅ローンには、80歳には完済するように申し込みの年齢制限が設けられています。最長35年の住宅ローンと最長50年の住宅ローンについては別途、記事を用意したいと思います。





▼続きが気になった方はこちらの記事ページをご確認ください。
記事:https://realestate-r2.info/selling/2256/

----------------------------------------------------------------------------

サイト:Utko探し隊
URL:https://realestate-r2.info/

投稿者

大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

大阪の不動産売却情報はUtko探し隊

大阪の不動産売却に関する情報を発信している「Utko探し隊」です。マンション売却・一戸建て売却・土地売却などの不動産一括査定や、お住み替えに関するノウハウ記事をお届けしています。大阪で不動産売却についてお困りでしたらUtko探し隊のサイトをぜひご確認ください。

管理画面ログイン