エレキギターの選び方

ウェブコラム powered by ディレクトリスト

コラム詳細


エレキギターの選び方

2013年09月24日

「今まで楽器をやった事がないけど、今度の学園祭には自分のギターで出てみたい」

「友達とバンドを組むことになったけどギターを持っていないし、買うのも初めてだ」

そんな方に改めて人には聞けないギターの賢い買い方をご紹介します。

まず、エレキギターの種類ですが、大きく分けると『ストラトキャスター』『テレキャスター』『レスポール』『SG』の4つに分けられると思います。

初心者向けの楽器として弾きやすい、持ちやすい…そうした見方からするとストラトキャスタータイプが一番でしょう。価格的には、楽器買取専門館(http://www.music-kaitori.com/)などで最も手に入れやすいのではないでしょうか。

テレキャスターも悪くありませんが、ストラトよりも若干重いですね。レスポールやSGタイプはある程度上達してから考えてよいと思います。

また、ストラトを選ぶにしても、オリジナルはFenderですが、現在では安価なものも出回っていますので、予算に合わせて選んでよいと思います。

但し、初心者向けのギターとアンプ等のセットはお勧めしません。通販で簡単に手に入りますが、ギターは店頭で試し弾きをさせてもらうのが一番です。

そこではテクニックなどを披露する場ではないので、実際にストラップを付けてみて、重さや感覚をみること、そしてネックを握りやすさなどの感覚などもわかるので、ぜひ店頭で確かめましょう。

ギターの購入時に一緒に買っておくものがあります。アンプがないと話になりません。自宅での練習で音が出せなくても、ヘッドフォンで音の感覚がつかめますから、予算にもよりますが、最低でも1万円くらいのアンプ、出来ればメジャーなブランドのモノを購入されるのが良いでしょう。

あわせて、チューナー、ピック、シールド、ストラップ、そして換えの弦も1~6弦のセットを買っておきましょう。ギターのケースは付属のソフトケースで十分です。

今日からあなたもギタリストです!


投稿者

楽器買取専門館

楽器買取専門館

楽器買取専門館では、弦楽器、管楽器、打楽器、鍵盤楽器、音響機材に至るまで、あらゆる楽器を買取させていただいております。楽器の買取の際は、ぜひご利用ください。

ディレクトリストは無料でサイトを登録できるディレクトリサービスです。



スポンサードリンク

ディレクトリストのコラム


Powered by ディレクトリスト
© 1ot0.com All right reserved