リバウンドについて

ウェブコラム powered by ディレクトリスト

コラム詳細


リバウンドについて

2017年03月26日

今回はリバウンドについてご説明します。
まず、リバウンド防止に重要なものは筋肉と代謝になります。『筋肉=代謝』と考えていただいても良いです。筋肉がなくなると代謝が下がりリバウンドしやすくなってしまいます。
筋肉が少ない状態を車でいうとエコカーで、筋肉が多い状態を大型トラックとして例えると分かりやすいかと思います。そのため、そもそものエンジン(筋肉量)が小さいとガソリン(栄養)を入れてもなかなか消費しません。
つまり、余った栄養が脂肪として蓄積されてしまうのです。
大型トラックのエンジンであればガソリンを入れても暖気運転でもガソリンは多く使われ、エコカーと比べガソリンが減りやすく結果として脂肪が蓄積しにくくなります。
では、どうすると筋肉(代謝)が低下するか?
それは
アルコールを摂る
有酸素運動を多く行う
筋力トレーニング(筋肉に負荷かけること)をしない
栄養はさておき、食事量が少ない
などといった原因が挙げられます。
良くあるのがダイエットをしようと思い、『たくさんジョギングし野菜や水分を摂ってその他はあまり食べない』といったことをした人もいらっしゃるのではないでしょうか?
これはリバウンドの最悪の行為になります。
まず長時間(90分以上)の有酸素運動をすることで筋肉が酸化され、筋肉量が低下してしまいます。
また、食事を節制し過ぎることで筋肉を作り出す栄養素が体内になくなるため筋力が低下してしまいます。
それではどうすればリバウンドしないかというと極論ですが
たくさん食べてたくさん動くことです。
学生時代など運動を多くされていた方は、たくさん食事を摂ってもそこまで太らなかったですよね?(例外はいるかもしれませんが)
その時はたくさん動いてたくさん食べてましたよね。
したがって、定期的な筋力トレーニングと必要な栄養素を摂るが重要になってきます。
リバウンドの原因は他にも様々なことが考えられますが、ここまでご説明してきたことも要因の一つになります。
最短でお体を変えたい方はMAGIC LIFE へお越しください^^


投稿者

パーソナルトレーニングジム 「MAGIC LIFE」

パーソナルトレーニングジム 「MAGIC LIFE」

「よし!ダイエットをしよう!」そう思いスポーツクラブに行くも長続きしない方は少なくないと思います。 ある調査によるとフィットネスクラブに通い始めて3カ月以内で退会をする方は約半分になるようです。また、幽霊会員を含めるとさらに通わない方は多くいます。やる気になってジムへ行っても、「何をやっていいか...

ディレクトリストは無料でサイトを登録できるディレクトリサービスです。



スポンサードリンク

ディレクトリストのコラム


Powered by ディレクトリスト
© 1ot0.com All right reserved